1. 〜筆紹介〜

    名村大成堂FW 馬身毛を主材にした筆で含みが良く、天尾(馬の尾の短い毛)を混毛することで適度な弾力性も持たせています。ぴかそやSWと比べ穂先が細い形状なので、繊細な線引きがしやすいです。水彩等で、含みを生かし塗りに使うのは勿論、そのまま描写に入ることが出来るオールラウンダーと言えます。